第4世代のED治療薬ステンドラ、そのジェネリック医薬品アバナの詳細。

アバナ研究所!ED治療の最先端

アバナとは

男性と女性とアバナ

インドの製薬会社サンライズレメディ社が販売開発している、アバナというED治療薬があります。日本では未承認で販売されていないですが、有効成分であるアバナフィルは実は元々日本の製薬会社田辺三菱製薬が安全性の高いED治療薬として開発していたのです。

アバナフィル

このアバナフィルという成分ですが、2001年から開発、販売の権利をアメリカの製薬会社ヴィーヴァス製薬に譲渡しており、このヴィーヴァス製薬がアバナフィルを有効成分とした新しいED用治療薬「ステンドラ」を2012年に販売したのです。このステンドラは第4世代のED治療薬と認識されており、従来のED用治療薬を改良したと言っても過言ではないほどの効能を持っており、韓国では2011年に承認され販売されています。そしてアバナはこのステンドラの後発薬で、同じ有効成分アバナフィルをもとにインドのサンライズレメディ社が開発したのです。実は日本ではアバナフィルは認可されておらず当然ステンドラなども販売されていません。
日本でアバナを手に入れるには海外から個人輸入する必要があります。

アバナの使用方法

薬を飲む男性

ED治療薬の中の成分で即効性が一番あると言われているのがアバナフィルです。即効性といえばレビトラでしたがそれをもしのぐ速さになります。性行為を行う15分前に服用する事で効果を得ることができ、遅くても30分以内までには実感できます。そしてED治療薬の最大問題点である食事の影響を受けやすい事ですが、アバナフィルは食事やアルコールに対して影響を受けにくいとされています。
バイアグラだと油分の強い食べ物の場合2時間あけても効果を得ることは難しいとされていましたが、食事の影響を受けないのであればタイミングを考えずに好きな時に服用する事ができるのです。もちろんより空腹時の方が効果は期待できますが、それでも従来のに比べると気にしなくていいところがプラスのポイントとなります。

服用するときは、水などで服用しましょう。グレープフルーツなどのかんきつ類が入ったものは避けるようにしてください。他にも、アバナフィルは効果が高い反面使用禁忌の薬なども多く併用に気を付けなければいけないのです。硝酸剤やニトログリセリンそのほかにも降圧剤などはもちろん使用禁忌ですが、他のED治療薬ではなかった抗菌剤(クラリスソマイシン)なども使用禁忌に含まれています。

比較的副作用も少なく安全性の高い治療薬ですが、使用する際は必ず用法や用量を守るようにしてください。

ED治療薬のお買い求めはお薬なび