日本では未承認のアバナですが、購入するには海外から個人輸入などの方法があります。

アバナ研究所!ED治療の最先端

アバナを購入する方法(海外通販)

アバナ

アバナはインドの製薬会社が開発販売している治療薬です。有効成分はアバナフィルでステンドラのジェネリック薬品になります。 ステンドラ自体も日本では販売されておらず、日本の病院で購入することはできません。日本で認められているED治療薬は現在、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類ですがどれも処方箋薬となっており、必ず医師の診断と処方が必要となります。さらに保険が適用されないので、すべて自費での購入となり先発薬だと安くても最低1錠1000円以上してしまうのでトータルでかなり高額の医療費となってしまいます。そこで多くの人が利用しているのが海外からの個人輸入なのです。

個人輸入代行サイト

パソコンを睨む男性

トップページでも説明しましたが、ED治療薬を購入している人の多くは海外から個人輸入しているのです。アバナも全く同じで海外から個人で使用する場合のみ、海外から購入することができ、逆を言えば元々アバナは日本では販売されていませんので、手に入れるには個人輸入しか方法はありません。個人輸入と考えると難しくとられがちですが、方法は至って簡単で一般的な通販となんら変わりありません。

個人輸入代行サイトを間に挟むことによって代わりに購入してくれるので、英語などが出来なくてもスムーズに購入することができるのです。さらに信頼のおける代行サイトを利用することで、偽物を販売されるというリスクが無くなったり、確実に手元に届けられるなど安心して利用することができます。病院へ行かなくても家に居ながら誰にも知られずに手元に届くので、コンプレックスなどの悩みを持った人が多く利用しています。他にも保険が適用されない治療薬や、海外にしかないジェネリック薬品など費用面でもメリットはたくさんあります。

デメリット

肘をつく男性と女性

もちろんアバナを個人輸入で購入することにメリットだけではなくデメリットもあります。海外から購入するので日本の通販と同じようにすぐ手元に届けることは不可能なのです。注文してから手元に届くまで通常、10日から2週間はかかってしまいます。他にも情勢や天候などさらに時間がかかる場合もあります。海外から飛行機などを利用し、そしてさらに税関を通過してやっと手元に届くのです。
もう一つのデメリットが日本で販売されている医薬品ではないので保障がないということです。医師にもと処方されたわけでは無いので、使用や購入はすべて自己責任となります。

これらのデメリットを踏まえても海外通販する人は多くいて、デメリットよりもメリット面の方が多いことが理由としてあげられます。

ED治療薬のお買い求めはお薬なび