効果の早いステンドラで天国を味わう

夜のラブタイムが楽しめないという男性に救いの手を差し伸べたのは、勃起不全治療薬であります。
そして今日では手軽に入手出来る様になり、2015年2月現在ではジェネリック医薬品を除けば、厚生労働省の認可が下りているのはバイアグラを始めとしたシアリス・レビトラの3種類だけです。
その3種類に含まれている有効成分である、シルデナフィルやタダラフィルは作用機序に多少の違いは見受けられる事には間違いありません。
しかしながら、ホスホジエステラーゼ5阻害薬という観点で見れば違いは殆ど無く、それは、次に紹介する勃起不全治療薬も同様と言えます。
それは、アメリカで1981年に設立された製薬会社であるヴィヴス社から発売されている、ED治療薬であるステンドラです。
そして、この医薬品が正式にアメリカ食品医薬品局から認可されて、発売開始となったのは2012年4月からという事になります。
この医薬品には有効成分であるアバナフィルが含まれており、前述した様なメカニズムで勃起不全を治療する形になります。
それでは何処が従来の勃起不全治療薬と異なっているのかと言えば、当該の医薬品を服薬してからの最高血漿中濃度到達時間が短めであるという事です。
既に発売されている勃起不全治療薬と比較すると、バイアグラ50mgの場合では平均で54分前後、レビトラ20mgの場合では平均で45分前後、そしてシアリス20mgでは平均で80分前後です。
対してステンドラの場合では平均で37分前後ですから、即効性があると言っても良いかも知れません。
個人差はあるでしょうが、早く効く人は服薬してから15分程度で効力を発揮し、6時間程度まで効果を維持継続する事が出来るので人気があります。
また当該の勃起不全治療薬を服薬する場合、食事の影響を受けづらいというメリットは大きいでしょう。
この医薬品には50mg錠・100mg錠、そして200mg錠が用意されており、最初は100mg錠から始める事が推奨されていて、1日に複数回の服薬は制限されています。
もし100mg錠では効きすぎるという場合は、50mg錠を試してみると良いでしょう。
または、当該の医薬品は錠剤なのでピルカッターやナイフ等で、半分に分割して使用するという方法を採れば微調整が可能になるので、コントロールしやすいかも知れません。
他の勃起不全治療薬では効果が無い、あるいは効き目が今ひとつなのでどうしたら良いだろうと悩んでいる人には、試してみる価値があるED治療薬と言えます。
そうすれば、ラブタイムは充実した時間になるでしょう。

ステンドラジェネリックのアバナもお勧めED治療薬です。