EDはインポテンツとも呼ばれており高年齢だけでなく若い世代でも起こりえる症状です。

アバナ研究所!ED治療の最先端

EDは若い人でも症状が出ます

建設作業員

インポテンツとも呼ばれています。

悩む恋人

実は高齢者の症状だと認識されがちのEDですが、中には若い年齢でも発症してしまう人もいます。勿論その症状は各人によって千差万別で、全く勃起しない例もあれば、勃起するが持続しない例もあり、前者の中でも、生まれつき全く勃起しない症状は一次性インポテンツと呼ばれています。対比して、何らかの原因によりインポテンツになる症状が二次性インポテンツです。一次性インポテンツの原因は、男性ホルモンが通常よりも少ない、器質性の要因など、生まれつきの体質である事が多いです。二次性インポテンツの場合は、年齢によって原因が多岐に亘っている。加齢、高齢による機能の衰えといったことが典型的な例として取り沙汰されるが、10代後半、20~40歳といった若年から中年でもEDは多く見られており、特に若年層でEDになる原因のひとつは精神性・心因性の要素に起因します。それは幼少時よりDVを受けていたこと、社会的ストレス、うつ病、統合失調症などが考えられます。中には新婚インポテンツや恋愛インポテンツといったものもあります。新婚インポテンツは、結婚前の恋愛過程では性交できていたが、結婚した後インポテンツになる場合と見合い結婚やセックスレスでインポテンツになる場合とがあります。前者の場合は、結婚後の生活的ストレスである場合が多いです。

病気や生活習慣によるED

悩む男性

若年、中年、老齢といった年齢を問わず、EDになる原因のひとつとしては、糖尿病、心臓病、動脈硬化、高血圧等の慢性疾患が挙げられており、また膀胱や前立腺の外傷や手術が原因となることもあります。もうひとつは、降圧剤、抗うつ薬、アントロゲンなどの薬の服用である。また飲酒や喫煙が原因とされることもある。対策や治療は、各々の症状、原因によって異なる。一次性インポテンツの場合、男性ホルモンを投与する場合がある。精神性・心因性によるものの場合、心理療法と薬剤療法(バイアグラ、レビトラなど)が行われる。
慢性疾患によるEDの場合は、まず疾患そのものを治療する必要がある。その上で、症状によって薬剤治療が行われる。その他、包茎、陰茎によるEDがある。これは手術によって解決される場合も多いが、手術は個人の意思や性交相手の意向に左右されるので難しい問題である。飲酒や喫煙の場合は、それらの抑制が最善方法であることは言うまでもない。
またストレスが原因になる場合は、運動、リラックスなど積極的にストレス解消を行うようにすると良いでしょう。

ED治療薬のお買い求めはお薬なび